AGA治療はプロペシアで治そう|副作用には注意が必要

笑顔の男性

AGA治療薬の注意点

悩む男の人

精力減退の可能性

プロペシアはAGA(男性型脱毛症)治療に用いられる医薬品です。世界初の"飲む育毛剤"として注目を集め、日本では2005年に発売されました。AGA対策に高い効果を示すプロペシアですが、注意するべき副作用があります。その代表的なものは、性欲と男性機能の低下です。実を言うとなぜこのような副作用が現れるのかは分かっていません。それゆえ対策の取りようがなく、場合によっては夫婦関係等に悪影響を及ぼしかねません。しかし、この副作用が現れる可能性はそれほど高くありません。実際にプロペシアを服用して、性欲が減退した人の割合は1.8%、男性機能が低下した割合は1.3%です。原因不明というのは気味が悪いと思いますが、いくつかの仮説が存在します。中には精力減退は思い込みにすぎないという説もあります。真実は今のところ分かりませんが、現在も処方される医薬品ですから、今後研究が進んでいくものと考えられます。

過半数が改善

性欲関連以外には、肝機能障害や過敏症などの副作用の報告があります。当然のことですが、何らかの副作用が見られる場合には、プロペシアの服用を止めなければなりません。そして、その旨を医師に告げ、今後の治療方針を話しあいましょう。このようにプロペシアにはいくつか副作用がありますが、AGA治療薬として高い実力を持つことは実証されています。プロペシアを1年間服用して頭髪の状況が改善した人の割合は58%にも上ります。AGAが進行しなかったという人を含めると98%にもなり、ほぼ全ての人が恩恵を受けていると言えます。脱毛に悩んでいる男性は、もしかしたらプロペシアを飲むだけで解決できるかもしれません。恥ずかしいかもしれませんが、勇気を出して病院に行ってみてください。

発毛薬を使おう

鏡を見る男の人

プロペシアは、男性型脱毛症の治療薬として使用されています。プロペシアの副作用は、勃起不全や性欲衰退などが挙げられます近年は、後発医薬品も登場し、安価な値段で購入することが可能になりました。今後は、後発医薬品の需要が高まり、価格競争が激しくなります。

詳しく見る

AGA治療に用いられる薬

カメラを持つ男性

プロペシアはAGA治療薬として使用される薬ですが、薄毛を食い止める目的のものです。発毛効果はないので、他の薬と併用して治療することも多いです。また、知っておきたいのは副作用です。さまざまな不調があらわれることがあり、体に異常を感じたら薬の可能性を考える必要があります。

詳しく見る

AGA治療薬のリスク

育毛

AGA治療薬にはいくつかの種類がありますが、その中でも身体の内側から改善することができるのがフィナステリドを含んだプロペシアです。フィナステリドはもともとは前立腺肥大症の治療薬として開発されたものですが、副作用として男性型脱毛症に効果があるとわかりプロペシアとして販売されています。

詳しく見る