AGA治療はプロペシアで治そう|精力減退の可能性

微笑む男の人

発毛薬を使おう

鏡を見る男の人

プロペシアは、医療機関認定で処方されている内服型の男性型脱毛症の発毛治療薬です。後発医薬品には、フィンペシアがあります。プロペシアは、米国で開発されました。現在、世界60ヶ国で承認されています。日本での薄毛治療薬として、医療機関で処方されているのは、プロペシアのみです。2003年に承認され、2005年に12月から一般発売されました。プロペシアは、男性型脱毛翔の原因といわれる「ジヒトロテストロテン」の抑制に効果を発揮します。しかし、懸念されるのが薬品による副作用です。代表的な副作用は、性欲衰退、勃起不全です。副作用を経験するのは、服用者の約数%ときわめて少ないです。副作用については、服用時に細心の注意を払う必要があります。

プロペシアの後発医薬品として、フィンペシアが登場したのは、ごく最近のことですが、後発医薬品は、安価で手に入りやすいというメリットがあります。プロペシアを購入すると約7000円から10000円と高価です。病院で薬をもらう場合は、薄毛治療は、自由診療のため保険が効きません。全額自己負担になります。そんな思いから、後発医薬品が大事になってきます。後発医薬品に注目があつまっています。プロペシアと同様成分が含まれているため、価格も安いです。プロペシアの10分の1の値段だから、購入しやすいというメリットがあります。今後の動向については、プロペシアよりも安く入荷しやすい、後発医薬品の需要は、今後も高まる傾向にあります。