AGA治療はプロペシアで治そう|精力減退の可能性

微笑む男の人

AGA治療に用いられる薬

カメラを持つ男性

薄毛を食い止める

男性型脱毛症のことをAGAと呼びます。この呼び名も認識され始めてきました。男性特有の薄毛、脱毛症のことです。男性ホルモンが大きく影響しているといわれていますが、複合的な原因で起こることが多いです。専門のAGA治療院も増え、自分に合った治療を早めに進めていくことが、症状を改善する近道となっています。AGA治療には、薬の服用が勧められます。抜け毛を防ぐ薬として、プロペシアが有名です。プロペシアは薄毛や抜け毛の進行を食い止めることを目的とした薬です。注意したい点は、発毛を促す効果はないということです。プロペシアだけでは毛髪は増量しません。発毛を促すには、ミノキシジルという薬を併用して発毛治療を進めていく必要があります。

知っておきたい知識

プロペシアを服用する際に知っておきたい知識として、効果と副作用があります。効果については、薄毛を食い止めることがひとつですが、効き目を感じるまでに数カ月かかります。ただ早い人で数カ月というだけで、半年、1年とかかる場合もあります。目覚ましい効果があらわれるというより、多くの人が緩やかに薄毛が改善されていくということです。また副作用については、誰にでも起こりうると考えておきましょう。プロペシアの副作用として報告されていることは、頭痛や腹痛、眠気や下痢、胃痛などです。また重要視したい副作用として性機能障害、EDです。最も多くあらわれる副作用ともいわれ、体に異常を感じたらすぐに薬の副作用の可能性を考えましょう。