AGA治療はプロペシアで治そう|精力減退の可能性

微笑む男の人

AGA治療薬のリスク

育毛

AGA治療の薬

AGAとは、男性型脱毛症のことです。男性の場合には年齢が高くなると薄毛になってしまいますが、この場合には老齢性脱毛症と呼ばれ生理現象に分類されます。一方で老齢性脱毛症になるには早い年齢の人が脱毛症になる場合には、男性型脱毛症に分類され治療の対象となります。男性型脱毛症の治療は2つあり、ひとつは有効成分ミノキシジルを用いて頭皮に塗布する外用薬による治療で、もうひとつが、有効成分フィナステリドを用いて服用し抜け毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制する治療です。ミノキシジルは日本で育毛剤としてクリニック以外でも気軽に購入することができます。一方で、フィナステリドは処方箋が必要であるため、クリニックで処方されるか個人輸入で手に入れる必要があります。

リスクを理解する

有効成分フィナステリドが入っているAGA治療薬としてはプロペシアがあります。プロペシアは日本でも製造されているAGA治療薬であり、スタンダードなAGA治療薬として知られます。プロペシアの作用としては、抜け毛の原因となる男性ホルモンの発生を抑えることで、抜け毛となる状態を改善するというもので、抜け毛の原因を取り除くことで発毛効果があると言われています。しかし、プロペシアには副作用もあり留意しておく必要があります。もともとプロペシアに含まれるフィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発されたものです。このためAGA治療薬としての効能は本来副作用に該当するものになります。プロペシアはその副作用を研究してAGA治療薬としたものですが、生殖器に悪影響を及ぼすリスクもあることが報告されています。この生殖器に対する悪影響が出る副作用としては勃起不全になることで1%以上5%未満前後の人が発現するとされています。そのためきちんと相談、あるいは副作用に関して情報を把握した上で利用しましょう。